Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

デリカアドバイザー養成研修 111人を修了認定 日本惣菜協会2020年9月17日

一覧へ

(一社)日本惣菜協会は9月15日、「2020年度第1回デリカアドバイザー養成研修」の修了認定者を発表。9月8日の修了認定審査会で、111人を認定した。これにより、デリカアドバイザー修了認定者は、約280社、2417人となった。

2013年11月にスタートしたデリカアドバイザー養成研修は、惣菜売場のスタッフが、惣菜を調理・販売する際の注意点、衛生や食品表示等の食品法令、バックヤード・厨房での作業工程等を通信教育で学ぶ研修。
惣菜・中食産業は、少子高齢化、単身者増加、女性の社会進出増加など、社会環境の変化を背景に、市場規模10兆円を超える大きな産業へと成長した。中食需要の拡大が見込まれる中、売り場では、美味しさだけでなく、原材料や栄養素について、アレルゲンなどの健康や安全・安心に関わる事項等まで消費者からの質問に対応する必要がある。また、新型コロナウイルスによる惣菜売り場におけるバイキング形式への不安など、消費者の不安を取り除くこともデリカアドバイザーの重要な役割となる。
同研修は、惣菜売り場で働く人が、基本的な知識を習得することで、店舗の信頼につながり、食品表示制度の一翼を担う重要な役割を果たす。
研修を採用している企業では、売場のリーダーがデリカアドバイザーの資格取得後、テキストを他のパートタイマー等への教育教材として利用し、共に働くスタッフに伝えていくことで、店舗全体の知識レベルの向上に活用。合格者からは「知識を身につけることで、自信を持って対応できるようになった」等の声がある。また、資格取得後はデリカアドバイザー認定証を店頭に掲示することが可能になり、惣菜を購入するお客様の買い物サポーターとして、「信頼される売場」づくりを後押ししている。

次回のデリカアドバイザー養成研修受講の申込みは10月1日から11月末まで受け付けている。


デリカアドバイザー取得上位企業・団体と取得者数(2020年9月15日)

▽1位・(株)関西スーパーマーケット<180人>
▽2位・中部フーズ(株)<173人>
▽3位・(株)イズミ<124人>
▽4位・(株)平和堂<86人>
▽5位・(株)さとう<82人>
▽6位・(株)ベルク<74人>
▽7位・(株)デリカスイト<70人>
▽8位・(株)フジデリカ・クオリティ<64人>
▽9位・日本ハム(株)<63人>
▽9位・(株)まつおか<63人>
▽10位・(株)ラルズ<63人>

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る