Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「佐賀1万円ショップ」タニタ食堂とコラボ、塊の佐賀牛1キロなど新登場2020年9月17日

一覧へ

さが県産品流通デザイン公社は、佐賀のプレミアムな特産品が1万円均一の「佐賀1万円ショップ」に9つのアイテムを新たに追加した。同ショップは、県産品の消費の喚起・拡大を目的に実施している「佐賀支え愛応援キャンペーン」の一環として展開している。

「佐賀1万円ショップ」タニタ食堂とコラボ

コロナ禍で、県内の農林水産業や食品製造業の売上げが落ち込む中、生産者や事業者を応援する「佐賀1万円ショップ」は、8月7日のオープン以来、限定商品13品中6品の商品がすでに売り切れ、高価格帯ながら200点以上が販売実績となり売れ行きは好調。

今回、新たに県内の12事業者を加え、のべ37事業者が参画。塊の佐賀牛1キロを使うタニタ食堂とコラボしたヘルシーなレシピと食材がセットになった商品や、希少品の有明海産天然うなぎなど、ここでしか買えない商品を新たに取り揃えた。

参画した事業者の一人で佐賀牛の生産者、山下牛舎の山下秀弥さんは、前回提供した「佐賀の極上うにくセット」が数日で完売となり、大きな反響があった。今回は佐賀牛の1頭から約5キロしかとれない赤身の希少部位「トウガラシ」を塊肉で提供する。山下さんは「先行き不安な状況だが、和牛消費を外食から家庭内への転換を図ろうと、EC直販に力を入れた。これを機に多くの方に佐賀牛の魅力に触れていただき、佐賀牛ファン獲得につながれば」と期待している。

「タニタ食堂コラボ商品」は、タニタ食堂監修のヘルシーなレシピと、厳選された佐賀県産食材をセットにしたオリジナル商品。塊の佐賀牛をぜいたくに使ったレシピや、「佐賀牛」と「金星佐賀豚」のブランド肉を組み合わせたしゃぶしゃぶレシピなど、贅沢でヘルシーなレシピを3品と、副菜を1品の合計4種類の商品を揃えた。

【佐賀1万円ショップ】

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る