想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

農大生が販売する「草ストロー」導入100店舗突破 HAYAMI2020年9月18日

一覧へ

東京農業大学の学生が立ち上げた完全生分解性・自然由来の草ストローを販売するHAYAMIは9月17日、草ストローの導入店舗数が100店舗を突破したことを発表した。

HAYAMIの草ストローHAYAMIの草ストロー

同社は4月に草ストローの販売を開始。コロナ禍で飲食店への影響が大きい時期だったが、消費者や飲食店の脱プラスチックの意識が世界的に高まる中、販売開始から5か月で北海道から沖縄まで、オーガニックカフェやジューススタンド、ビーガンカフェなど100店舗の飲食店に導入することに成功した。

「HAYAMIの草ストロー」は、東南アジアに生息するカヤツリグサ科のレピロニアと呼ばれる植物が原料。無添加・無農薬・保存料不使用の完全自然由来で、使用後は道端の草木と同じように分解され自然に還すことができる。循環型サイクルの構築の観点から、使用後に家畜のエサや肥料、ヒンメリの製作などへの活用も期待されている。また、草ストローはホーチミン郊外の農村地帯で製造されており、仕事が減少する農村地帯での雇用創出にも繋がっている。
今後は、同社代表で東京農業大学国際食料情報学部2年生の学生という大久保夏斗さんのバックグラウンドも生かし、現地の農村支援NGOとも協力しながら農村支援も行っていく。

【合同会社HAYAMI】

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る