想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

青果物の新しい価値を創造 新会社 「青果日和研究所」設立 デリカフーズ2020年9月18日

一覧へ

(株)デリカフーズホールディングスは9月17日、青果物の新しい価値を創造する新会社「株式会社青果日和研究所」を設立することを発表した。

青果物の新しい価値を創造 新会社 「青果日和研究所」設立 デリカフーズ

新会社の青果日和研究所は、外食向け青果物の流通で全国シェアトップのデリカフーズホールディングスと、業界で急成長中の中堅企業(株)フードサプライ、リーシングや実店舗を運営する(株)リトリーブの3社による合弁会社。消費者が「安心・おいしい・健康」を求める中、その要望に応える新たなブランドとして「青果日和」をつくる。

新型コロナウイルスの影響で外食産業のマーケットが縮小した結果、同社の契約農家では行き場を失った青果物が発生し大きな影響を受けた。新会社では、外食向け青果物流通最大手のデリカフーズと中堅企業のフードサプライが協力し、新たな販路と流通システムを送出。青果物を主とする販売の企画・商品開発から通販事業の展開、他業種とのコラボレーションのトータルコーディネートを手掛け、様々な場面で「青果のある暮らし」を提供する。

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る