想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

会津栗のモンブランと有機米おはぎが合体 新感覚スイーツで農家を支援2020年9月28日

一覧へ

福島県会津の老舗菓子店、お菓子の蔵太郎庵は、会津の農家を支援するため、地元の栗と米を使った新作おはぎ「会津栗モンブランスーパーおはぎ」を開発。クラウドファンディングを通じて10月18日まで販売している。

会津栗モンブランスーパーおはぎ会津栗モンブランスーパーおはぎ

「会津栗モンブランスーパーおはぎ」は、地元栗農家と共に作り上げた栗園で獲れる会津栗と会津有機米を使い、素材にこだわったおはぎ。

同社は、東日本大震災から9年が経った今も風評被害に苦しむ会津の農家の状況を少しでも変えたいと極力地元の素材を使ったお菓子作りを心がけている。今回使った栗と米はいずれも、同社がこれまで様々なお菓子に使って人気を博してきた素材だが、秋の彼岸を迎えるにあたり新商品のアイデアを練っていたところ、「この栗とお米を使った全く新しいおはぎを作ろう」と新作おはぎを考案した。

栗は、会津の栗農家と栽培から関わって作った会津栗。同社では会津栗を未来に残すため16年前から地元栗農家と勉強会を重ね、土壌作りから栗園作りを支援している。今回は、風味豊かな会津栗をモンブランクリームに仕上げた。一方、米は会津・熱塩加納地方の米農家から直接買い付けした有機JAS認定米を使用。化学肥料を使わずに、米ぬかや魚カスなどを堆肥化した有機肥料と手間のかかる紙マルチ栽培で育てられた有機JAS認定米だ。

「会津栗モンブランスーパーおはぎ」は、ケーキのモンブランとおはぎが合体したような新感覚スイーツ。まさにここでしか食べられない季節の味を試してみては。

断面図断面図

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る