想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「世界食料デー月間」スペシャル授業開催 フードスコーレ×ハンガー・フリー・ワールド2020年9月29日

一覧へ

(株)honshokuが企画運営する「フードスコーレ」は、NPO法人ハンガー・フリー・ワールド(HFW)とコラボレーションし、世界食料デー月間である10月に学生限定の特別クラスを開講。「飢餓」「フードロス」などの食料問題についてできることを考えるとともに、「伝え方」「実行にうつす方法」を学び、「自分はこれならできる!」を学生が宣言する。

「世界食料デー月間」スペシャル授業開催 フードスコーレ×ハンガー・フリー・ワールド

「フードスコーレ」は、生きるうえでの大切な食にまつわることを中心に環境、フードロス、農業、料理、経済、食文化、循環などのテーマについて考え、食についての教養を身につける実践の場として活動している。

日本にいると遠い問題のように感じる「飢餓」や「食料問題」だが、そこには深いつながりがあり、重要なテーマといえる。そこで今回は、飢餓のない世界をめざして活動するHFWと協力し、学生と一緒に食料問題について考える。

第1日目は、HFWから講師を招き、課題領域に関する基礎的な知識についての講演。なぜ「食料問題」がおきるのかなど、世界で起きていることについてリアルな声を聞く。また、ワークショップを通して、みんなで「飢餓」「フードロス」など食料問題の関係性を可視化し、自分にできることは何かを考えていく。

第2日目は、1日目の内容を受けて、自分が実際にアクションするための方法論について話し合う。社会課題解決に取り組む⼈を広報で支援するひとしずく代表のこくぼひろしさんによる「伝え方」「実行にうつす方法」をレクチャーを受けながら、学生に「自分はこれならできる!」を宣言してもらう。

<クラス概要>
場所:zoomでのライブ授業を予定
参加費: 無料
参加条件:学生のみ(高校生、大学生、短大生、大学院生、専門学生)
応募期間:9月25日〜10月21日18:00まで
申し込み方法:チケットサービス「Peatix」から申し込む
お問い合わせは、フードスコーレ実行委員会(電話)03-6403-7962。

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る