想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

コープこうべ コールセンターの課題をシステムリプレイスで解決へ2020年9月29日

一覧へ

コムデザインは、コープこうべに向けたコールセンターシステムとして、同社と連携する東芝デジタルソリューションズの生協向けコールセンターソリューションとコムデザインのクラウドCTI「CT-e1/SaaS」の音声認識AIを活用した「くらしの情報センター」のシステムをリプレイスした。

同システムは、音声認識AIと標準回答データベースの連携により、問い合わせの内容をテキストに変換、重要と推定されるキーワードを抽出。そのキーワードに基づく標準回答案をオペレーターに表示することで、コールセンター業務の効率化・顧客満足度向上に貢献する。また、同システムを構成するクラウドCTI(構内交換機)により、問い合わせの電話を、複数拠点のコールセンターへ接続することを可能にし、ウィズコロナ時代の働き方を支援する。

コープこうべは、宅配、店舗、共済、電力、福祉など、組合員のくらしをサポートするさまざまな事業を展開している。組合員からの多様な問い合わせにスムーズに対応するため、各サービスごとではなく、一括して対応できるコールセンターとして「くらしの情報センター」を設けているが、コールセンターの運営には、オペレーターの雇用や育成が難しく、離職率が高いなどの課題がある。また、近年多発している自然災害やウィズコロナ時代においては、多数のオペレーターが対応する従来型だけでなく、代替拠点運用などさまざまな形態での働き方が求められ、立地に依存しない事業運営も課題となっている。さらに、コープこうべの「くらしの情報センター」は、宅配、店舗などさまざまな事業を扱うため、オペレーターにとっては業務スキルの習得ハードルが高いといった独自の課題もあるため、今回のシステムリプレイスにより、これらの課題を解決する。

東芝デジタルソリューションズは、従来から生協向けコールセンターソリューションの数々の納入実績がある。今回は、コムデザインの提供するクラウドCTI「CT-e1/SaaS」と連携し、さらに音声認識AIも組み合わせることで、標準回答案の表示によるオペレーターの負担低減や、代替拠点運用など、さまざまな働き方を可能にすることが評価された。

くらしの情報センター構成図くらしの情報センター構成図

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る