想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:デラン
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

10月の消費意欲指数 過去5年で最高値 博報堂生活総研2020年9月30日

一覧へ

博報堂生活総合研究所は、10月の消費意欲指数を発表。消費意欲指数の低下に歯止めがかかり、10月としては、過去5年で最高値となった。

10月の消費意欲指数 過去5年で最高値 博報堂生活総研

調査は、20~69歳の男女1500人を対象に「来月の消費意欲」を点数化し、その結果を「来月の消費予報」として発表。10月の消費意欲指数は48.1点で、前月比+1.3pt、前年比+6.1ptと、ともに増加した。

調査によると、10月の消費意欲指数は、前月から横ばいになることが多いが、今年は前月から+1.3ptと微増し、9月までの低下に歯止めがかかった。また、前年10月は、消費税増税直後で消費意欲が41.9点と冷え込んでいたため、前年比+6.1ptと大きく増加した。今年の48.1点は、例年と比べても高めの指数で、10月としては過去5年で最高値。消費にポジティブな回答では、「買い物をしていない反動・ストレス発散」が、2018年10月の33件から2020年10月は72件と増えた。

前月と比べると、秋物の服など「季節的な消費意欲」が倍増した。一方、「コロナが怖いので出かけたくない/意欲がわかない」は(9月100件→10月63件)、「コロナで外出・買物ができない」(9月164件→10月104件)など、コロナ禍に関連するネガティブな回答が減少。コロナ禍の影響は減り、人々の消費意欲は戻りつつあることがうかがえる。

多くのカテゴリーで消費意向が増加

「特に買いたいモノ・利用したいサービスがある」人の割合は26.3%で、前月比+4.2pt。前年比は、消費意欲指数と同様に増税の影響もあり、+10.3ptとなった。
カテゴリー別の消費意向については、前年比では16カテゴリーすべてでプラスとなり、そのうち「食品」「ファッション」「日用品」「外食」「レジャー」「旅行」など13カテゴリーで20件以上増加している。
また、前月比でも、「ファッション」「外食」「食品」など8カテゴリーで20件以上増え、多くのカテゴリーで消費意向が高まる結果となった。

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る