想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

食品ロス削減へ 余った野菜から作った「はたけのカレーペースト」数量限定で発売2020年10月1日

一覧へ

神奈川県鎌倉市のドッピオは、スパイス販売とレシピのサイト「インターネットオブスパイス」で、余ったり使いきれない野菜から造ったアナンの「はたけのカレーペースト」を数量限定で販売している。

食品ロス削減へ 余った野菜から作った「はたけのカレーペースト」数量限定で発売

農林水産省の発表によると2017年の食品ロス量は、日本人の1人当たり1年で約48キロ。日本人1人当たりが毎日お茶碗一杯分のご飯を捨てている量に相当する。

アナンの「はたけのカレーペースト」は、食品ロス・フードロス削減に貢献しようと、"もったいない野菜"を瓶に詰め込むファームキャニングとアナンが協業し、廃棄される予定だった季節の野菜から作った。

カレーペーストは、スパイスからカレーを作るときに玉ねぎ、にんにく、生姜、トマトなどをよく炒めてスパイス、塩を加えて作るベースで、好きな肉、魚、野菜を入れるとカレーになる。「はたけのカレーペースト」は、コリアンダー、ブラックペッパー、ターメリック、アムチュールの4種類のスパイスと、トマト、玉ネギ、ニンジン、ニンニク、ナス、レモンバジル、パセリの野菜が入っており、合成着色料、保存料、化学調味料は使っていない。内容量は110gで1242円(税込)。

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る