想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

新型コロナによる生活困窮者支援で組合員から総額2646万円が寄付 生活クラブ2020年10月14日

一覧へ

生活クラブ連合会は、新型コロナウイルスの感染拡大で生活に困窮する人々への支援活動で集まった2646万円から、フードバンクや子ども支援センターなどの12団体へ助成する。

第1次助成先団体第1次助成先団体

誰でもできるスマート農業 自動灌水制御装置「スマート君」販売開始生活クラブは、コロナ禍の長期化による経済的影響で多くの人々が生活に困窮する中、フードバンクや子ども食堂など日常的に交流のある関係団体を通し、継続的な支援を行っている。その一環として、8月24日から9月30日まで「新型コロナ感染拡大に伴う生活に困窮する方々への支援カンパ」を行い、組合員を中心に寄付を募った。

当初、約1か月で1000万円を目標に始めたが、9月末の終了時点で延べ1万9899人が協力し、総計2646万2000円の支援金が集まった。

支援金は、「一般社団法人生活クラブ福祉事業基金」の管理により、第1次助成としてフードバンクや児童養護施設などの12団体を通じて支援する。第2次以降の助成は随時実施する。

生活クラブは、なにを、どのように消費するか、という選択が、そのまま 「どんな未来にしたいか」「次の世代へ何を手渡したいか」へとつながっていくかと考え、自然と共生し、 食べ物(Food)、エネルギー(Energy)、福祉(Care)をできるかぎり自給・循環させる「サステイナブル(持続可能)な生き方」を選択。いま生きるいのちと次世代のいのちを、同様に考えて活動を行っている。

最新の記事

ケツト科学研究所:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る