想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

福島県岩瀬農業高校生が教えてくれるサスティナブルアクション開催 八芳園2020年10月14日

一覧へ

八芳園は10月15日から18日まで、新店舗「MuSuBu」で美味しく食べて学ぶポップアップイベント「福島県岩瀬農業高校生が教えてくれるサスティナブルアクション」を開催する。

福島県立岩瀬農業高校の生徒たち福島県立岩瀬農業高校の生徒たち

10月16日は「世界食料デー」。日本では、2008年から10月を「世界食料デー」月間とし、飢餓や食料問題について考え、解決へ向けての行動を推進する1か月となっている。八芳園が運営する、コミュニティコンテンツを創造するポップアップショールーム「MuSuBu」では、SDGsについて美味しく食べて学ぶポップアップイベントを開催。八芳園と産学連携協定を結び、GAP食材の栽培に取り組む福島県立岩瀬農業高校生とともに、これからの未来に繋がるサスティナブルアクションについて、美味しく食べて学ぶ4日間を提案する。

福島県岩瀬農業高校生が教えてくれるサスティナブルアクション開催 八芳園イベントでは、美味しく学べるリアルとオンラインの5つのコンテンツを用意。7月に八芳園と岩瀬農業高校がひとつのGAPチームとなり開発した「福島県立岩瀬農業高等学校産米 無添加 糀あまざけ」の試飲・販売を行う。「無添加 糀あまざけ」は、同校の高校生たちが生産した国際基準「グローバルGAP」の認証を取得した福島県産のお米「コシヒカリ」を使用。「福島県農産物の安全性を伝えたい。もっともっと食べていただき、そして体の中から健康になってもらいたい」という想いでつくられた「無添加糀あまざけ」は、ECサイトでも販売する。この他、「無添加 糀あまざけ」に使用されている岩瀬農業高校生が手掛けたグローバルGAP米「コシヒカリ」や、グローバルGAP米を使用した日本酒も販売。岩瀬農業高校生が挑戦する「グローバルGAP」の意味・価値について、食材を通して体感できる。

この他、10月15日からはじまる「あまざけカフェ」は、イベントに先駆け、「無添加 糀あまざけ」を使用したスイーツやドリンクを実際に味わえる。

また、10月17日、18日はオンラインで、 「高校生が教えてくれるサスティナブルアクションセミナー」を開催。高校として日本一のグローバルGAP認証取得数を獲得している岩瀬農業高校の生徒とグローバルGAPを中心としたセミナー「サスティナブルアクションとは?」を学ぶ。大人が参加する通常のセミナーの他、次世代を担う子どもへ向けた「子ども編セミナー」も開催。セミナーの様子は、YoutubeでLIVE配信も行う。

最新の記事

ケツト科学研究所:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る