栽培技術 ニュース詳細

2018.12.11 
3万8000人が集まる 最新技術展示会「アグリビジネス創出フェア」一覧へ

 農水省は12月7日、11月20日から22日までの3日間、東京ビッグサイトで開かれた技術交流展示会「アグリビジネス創出フェア2018」の結果についてまとめた。

 このフェアには大学、国立研究開発法人、公設試験場、研究開発型ベンチャーなど全国137機関が最新技術を展示。3日間で3万8000人が来場した。
 開会セレモニーでは、高野農水大臣政務官をはじめ関係者8人によるテープカットが行われた。
 今回は「スマート農林水産業」をテーマに開催。会場内メインステージでは国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構理事長の久間和生氏が「農業・食品分野におけるSociety5.0の実現-農研機構のチャレンジ-」と題した基調講演を行った。
 また会場内には「コーディネーターカウンター」が設けられ、19人のコーディネーターが出展者と来場者のマッチングを促進するなどの活動も行われたほか、「民間部門農林水産研究開発功労者表彰」と「若手農林水産研究者表彰」の表彰式も行われた。
 出展者の出展内容などの情報は、アグリビジネス創出フェアのアグリビジネス創出フェア2018で閲覧できる。

 

(関連記事)
日本最大級の農業の祭典 秋田市で開催(18.10.26)
農業法人への出資 500件突破-アグリビジネス投資育成(18.06.20)
モーダルシフトへの転換を 青果物流通高度化で成果発表会(18.03.02)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ