JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
センターSP:Z-GIS
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(PC)センター
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

「光る シクラメン 」を開発2019年3月1日

一覧へ

 (株)インプラタノベーショズは、蛍光タンパク質情報をシクラメンに組み込むことにより、世界で初めての「光るシクラメン」の開発に成功した。

光る シクラメン を開発 (株)インプラタノベーショズ 今回開発した「光るシクラメン」は、海洋プランクトンの一種であるキリディウス属から発見された新規蛍光タンパク質の遺伝子情報を、遺伝子組換え技術を用いて白花のシクラメンに導入したもので、暗闇で青色LEDを当てると鮮やかな淡黄色の蛍光を発する。
 一般的なシクラメンの花弁は5枚だが、光るシクラメンは雄しべが自然突然変異で花弁化した八重咲きタイプである。
 この光るシクラメンは、消費者向けの観賞用としてだけでなく、クリスマスの街を照らすイルミネーションとしての展示ビジネスなど様々な用途が期待される。

 

(関連記事)
遺伝子組換えで 花の形や配色変える 農研機構・京都府立大(16.09.16)
【シリーズ・誕生物語】第8回ひまわり「サンリッチ」(タキイ種苗(株))(13.12.04)
花を咲かせないホルモン発見 農研機構(13.10.02)

最新の記事

シンジェンタライブラリー211112:SP

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る