おきなわ50年バナーPC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
石原バイオサイエンスヘッドSP:ネマトリンエース
FMCセンターPC:ベネビア®OD
JA全中中央SP

【特殊報】ネギえそ条斑病 県内で初めて発生を確認 岡山県2022年6月16日

一覧へ

岡山県病害虫防除所は6月6日、ネギえそ条斑病の発生を県内のネギに初めて確認。これを受け、同14日に病害虫発生予察特殊報第2号を発令した。

6月に岡山県南部の露地栽培ネギほ場で、葉身に淡黄色から白色の条斑を生じる症状が発生した。岡山県病害虫防除所で、RIPA法(イムノクロマト)による検定を行ったところ、IYSVによるネギえそ条斑病であることが確認された。同では、2004年にトルコギキョウでIYSVによるトルコギキョウえそ輪紋病の発生が確認されている(平成16年度特殊報)が、ネギ類における同病の発生は初の確認となる。

同ウイルス(IYSV)による病害は、1996年に千葉県のアルストロメリアで国内で初めて確認されて以降、全国30以上の都府県のタマネギ、ネギ、トルコギキョウ、テッポウユリなど様々な作物で発生が確認。近隣では、兵庫県、鳥取県、広島県、香川県、愛媛県のネギ、タマネギ、ラッキョウ、トルコギキョウ、テッポウユリでの発生が過去に報告されている。

病徴としては、発病初期には葉身に不明瞭な退緑斑が発生し、その後紡錘形で白色~淡黄色のえそ条斑を生じる。病勢が進行すると病斑が癒合拡大し、大型のえそ条斑症状となり、葉が萎凋・枯死することがある。

同ウイルスはネギアザミウマによって媒介。ネギアザミウマが感染植物を吸汁することによって本ウイルスを獲得し、一度ウイルスを獲得したネギアザミウマは終生ウイルスを伝搬する。

なお、経卵伝染はせず、その他のアザミウマによる媒介は確認されていない。また、土壌伝染や種子伝染はせず、管理作業による汁液(接触)伝染の可能性も低いとされている。

宿主範囲は、17科40種以上の植物でIYSVの感染が確認されている。

圃場における発生状況・ネギ葉身の病斑。白矢印は紡錘型のえそ条斑、黒矢印はネギアザミウマの食害痕(写真提供:岡山県病害虫防除所)圃場における発生状況・ネギ葉身の病斑。白矢印は紡錘型のえそ条斑、
黒矢印はネギアザミウマの食害痕(写真提供:岡山県病害虫防除所)

同防除所では次のとおり防除対策を呼びかけている。

〇同ウイルスに対する有効な薬剤はないため、媒介昆虫であるネギアザミウマの早期発見・早期防除に努め、本虫の発生初期に薬剤散布を実施する。なお、薬剤防除の際は、ネギアザミウマまたは、アザミウマ類に登録のある農薬を散布する。また、薬剤抵抗性害虫の出現防止のため、同一系統の農薬の連用を避け、ローテーション防除を実施する。

〇施設栽培の場合は、紫外線カットフィルムの被覆や開口部に防虫ネット(0.8ミリ目合以下の赤色ネット等)の設置、施設周囲に光反射シートを敷設し、外部からのネギアザミウマの侵入を防ぐ。

〇ほ場周辺の雑草および発病株や収穫後の残渣は、ウイルスの感染源やネギアザミウマの生息場所となるため、除草や残渣の持ち出しを徹底する。

最新の記事

コルテバ・リンズコア右上長方形:SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る