農機・資材 ニュース詳細

2014.08.20 
鉄コー水稲種子用鉄粉「粉美人」一覧へ

 鉄鋼メーカー大手のJFEスチール(株)は、国内で初めて鉄コーティング(鉄コー)水稲種子用プレミックス鉄粉「粉美人」を開発した。全国のJAで農業資材として受注を受け付けている。

「粉美人」コーティング・養生(錆発生)後の稲種子 鉄コー水稲直播は、鉄粉をまぶした種子を水田に直接蒔く栽培技術だ。従来の苗を育てて移植する田植えと異なり、大幅なコスト削減・省力化が実現できるとして注目されている。JA全農でも、政府が将来目標として掲げている水稲の生産コスト4割削減を実現するための技術のひとつとして、26年度から全国で技術研修会を開くなどして、普及拡大を図っている。
 この技術では、種子に直接鉄粉を塗布しても付着しにくいため、接着剤として焼石膏を使っていたが、そのためには鉄粉と焼石膏を一定の比率で混合する必要があった。
 今回、JFEスチールが開発した「粉美人」は、この鉄粉と焼石膏がすでに混合された新商品で、利用者は混合作業が不要になり、さらに割合の不均一によるコーティングムラや、乾燥後の鉄粉の脱落などが起きる心配がない。
 また、「粉美人」に使われている鉄粉は従来品に比べて粒を細かくしたため、付着度がより高くなり、鉄粉脱落による粉塵の発生も抑えられるようになった。
 「粉美人」の注文・問い合わせは全国のJAで。


(写真)
「粉美人」コーティング・養生(錆発生)後の稲種子


(関連記事)

【JA全農がめざすもの】第2回生産資材事業の重点課題 天野徹夫・肥料農薬部長インタビュ(2014.07.24)

【時の人 話題の組織】山内稔・JA全農肥料農薬部技術主管 鉄コーで目指すのは生産者の手取り向上(2014.05.16)

千葉で鉄コー水稲直播講習会 JA全農(2014.04.21)

鉄コー水稲直播技術で文科大臣賞(2014.04.15)

鉄コー直播導入基礎講習会開催 JA全農(2014.03.31)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ