想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

平成27年3月期減収減益決算発表 コープケミカル2015年5月11日

一覧へ

売上高は212億2700万円

 コープケミカル(株)は5月8日、平成27年3月期(平成26年4月1日?平成27年3月31日)連結決算を発表した。厳しい農業情勢を反映し、減収減益決算となった。

 同社主力の肥料事業では、米価の下落、生産コスト抑制に伴う減肥、生産者の高齢化や耕作放棄地の拡大など、販売環境は一層厳しさを増している。同社企業グループは、中期3カ年経営計画の最終年度として業績の向上に取り組んだ。
 肥料事業では生産コスト抑制および生産者の高齢化に対応した機能性商品の販売を手掛けるとともに、地域に根ざした営業活動を積極的に展開したが、消費税引き上げ前の先取り出荷や米価下落の影響などにより減収となった。
 化成品事業では、前年度後半からの景気回復基調を受け、汎用資材である塩酸・硫酸・リン酸の増販に加え、飼料用リン酸カルシウムの増販があり、増収となった。その他事業の多機能性無機素材部門は、新規用途拡販に努め増収となった。
 この結果、連結売上高は212億2700万円(前年度比6.7%減)となった。利益面では製造経費や販売費および一般管理費の削減に努めたが、経常利益5300万円(同87.7%減)となった。当期損益は、投資有価証券および土地の売却益を特別利益に計上したものの、老朽化に伴う建物の解体撤去工事や、合併に係る費用および早期退職費用などを特別損失に計上した結果、9400万円の純利益(同32.3%減)となった。

最新の記事

ケツト科学研究所:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る