農機・資材 ニュース詳細

2018.12.12 
インドの農機市場を攻略 現地企業と合弁会社 クボタ一覧へ

 (株)クボタは、インドのトラクタメーカーEscorts Limitedと合弁で製造会社を設立することに合意したと12月11日発表した。

 (株)クボタは2008年にインド市場に参入し、2015年には牽引等多用途に適合したマルチパーパストラクタを発売。現地での需要を伸ばしてきた。
 インドのトラクタ市場は、台数ベースで世界最大規模。今後も市場の拡大が見込まれることから、現地での製造ノウハウを持ち、調達力の優れたEL社との企業設立となった。
 合弁会社「Escorts Kubota India Private Limited」の資本金は約51億円。ハリヤナ州ファリダバード市に来年3月末設立され、年間約5万台のトラクタを生産する。2020年1月には工場を稼働させ、同年6月から量産を開始する予定。

 

(関連記事)
農業用ポンプの遠方監視システムを開発 農研機構(18.12.04)
【キーワード農政・スマート農業】「政府全体で推進 社会実装へ」山田広明・農林水産省大臣官房政策課技術政策室長(18.07.27)
欧州規制に適合 小型ディーゼルエンジン クボタ(17.11.28)
阪神工場尼崎事業所・恩加島事業センターが設立100周年 クボタ(17.09.01)
「直進キープ機能付田植機」業界各賞を受賞 クボタ(17.05.09)
田植機アタッチメント「鉄まきちゃん」で省力化実現 クボタ(17.04.14)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ