左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

ホウレンソウが高値 1月の野菜価格見通し2015年1月13日

一覧へ

 農水省は1月中下旬の主要野菜14品目の生育状況、価格見通しの調査結果を発表した。

 出荷量が平年より多く、価格が平年を下回る見込みとなっているのは、ニンジン、バレイショ。一方、出荷数量が平年より少なく、価格が高値となる見通しなのはホウレンソウ、レタスとなっている。そのほかの10品目については、出荷量、価格ともおおむね平年並み。
 ニンジンのこの時期の主産地は千葉だが、生育期に適度な降雨があり肥大がすすんだため、出荷量が平年を上回っている。バレイショの主産地は北海道6割、長崎3割だが、収量が平年を上回っている。
 この時期のホウレンソウは北関東が主産地だが、昨年2月の大雪によるハウス倒壊で作付けが減っている上、12月以降の低温により生育も遅れており、出荷量が平年を下回っている。
 レタスは静岡、兵庫などだが、いずれも12月以降の低温によって生育が遅れている。ただし、1月下旬には出荷量、価格とも平年並みへと回復する見込みだ。
 そのほかの品目についても、全体として12月以降の低温の影響で生育が遅れ気味で出荷量が平年に比べてやや少ないが、価格への影響はほとんどない見通し。

 この調査は、農水省が東京都中央卸売市場で主産県、卸売会社から聞き取り調査をした結果をまとめたもの。


(関連記事)

年末年始の野菜価格、レタス高、ハクサイ安(2014.12.25)

レタス作付面積280ha減 夏秋野菜の需給予測(2014.12.22)

野菜価格、12月は概ね平年並 農水省(2014.12.05)

野菜価格平年比1割安 10月の青果物市場(2014.12.02)

野菜「週1回以下」が1割以上 JC総研が調査 (14.12.01)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る