野菜・果物 ニュース詳細

2018.12.21 
「世界らん展2019―花と緑の祭典―」開催一覧へ

 世界らん展日本大賞実行委員会は、世界最大級の蘭の祭典である「世界らん展2019―花と緑の祭典―」を、2019年2月15日から22日の8日間、東京ドームで開く。

世界らん展2019ポスター 前回の同イベントでは、世界21ヶ国・地域が参加し、約3000種、約10万株以上の欄が展示され、7日間の会期中に約12万人が来場した。
 今年度も主催者による世界の珍しい蘭、注目の蘭以外にもバラ、チューリップ、多肉植物、食虫植物など多数の花と緑が並ぶ。また志穂美悦子さん、IKKOさん、假屋崎省吾さんらの作品展示とステージイベントが行われる。
 注目は21時まで開催時間を延長し行われる「スペシャルナイトイベント」で、新たにプロジェクションマッピングやカフェバーなどが登場する。

 

昨年の会場のようす日本大賞

(写真)昨年の会場のようす、昨年の日本大賞受賞作品

(写真をクリックすると大きな写真が表示されます。) 

 入場料は前売り券が1900円、17時から入場可能なナイトチケットの前売りが1000円(17、18、22日除く)。
 詳しい内容に関しては、世界らん展2019 --花と緑の祭典--(公式ホームページ)から確認できる。

 

(関連記事)
大苗で栽培がしやすいダイアンサス サカタのタネ(18.12.21)
フラワーアレンジメントが高次脳機能障害に効果 農研機構(18.12.19)
これがハボタン? 正月以外の需要も タキイ種苗(18.12.17)
「サンパティオ」シリーズ限定販売 サカタのタネ(18.12.11)
サンパチェンスの新色ローズピンクを限定発売 サカタのタネ(18.11.22)
トルコギキョウ9品種を新たに追加 サカタのタネ(18.11.02)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ