人事2024 左バナー 
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCベリマークSC:(SP)センター
日本曹達 231012 PC
JA全中中央SP

宮城県大郷町 地元植物工場で生産した「豆苗」学校給食に初登場 村上農園2024年3月15日

一覧へ

発芽野菜を生産・販売する村上農園は、宮城県大郷町に東北エリア初の生産センター「宮城大郷生産センター」を2023年6月に新設。同センターで生産した発芽野菜「豆苗」が3月4日、大郷町内の大郷小学校と大郷中学校の給食に初めて登場した。

豆苗入りスープを食べる大郷小学校の児童

豆苗入りスープを食べる大郷小学校の児童

大郷町では、子どもたちに地元の食材を食べてもらおうと、米や野菜などの大郷町産食材を毎日給食に使用している。この日の給食では、スープに使われた豆苗、ごはん、五目きんぴらの枝豆が大郷町産の食材だった。

豆苗はほのかな豆の香りとシャキシャキした食感が特徴で、子どもの成長に欠かせないビタミン類やタンパク質が豊富な野菜。畑ではなく植物工場で生産され、天候の影響を受けることがないため、高品質な豆苗を1年中安定して出荷できる。2023年6月に大郷町に国内最大規模の発芽野菜専用植物工場が誕生してからは、宮城県をはじめ、東北地域へ、これまで以上に新鮮な豆苗を届けている。

町内産の豆苗が大郷町の給食に使用されるのは今回が初めて。児童らは、「シャキシャキしていてとってもおいしかった」「自分の町で作られたものを食べられるのがいいと思う」と、地元産の豆苗を楽しみながら給食を食べた。村上農園は今後も宮城県、大郷町と連携し、食育や地域振興の活動を続ける。

豆苗入りスープを食べる大郷小学校の児童

3月4日の献立「ごはん、ささみチーズフライ、五目きんぴら、大郷産豆苗入り玉子スープ」

重要な記事

日本曹達_ナブ乳剤_SP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る