コラム 詳細

コラム:消費者の目

【花ちゃん】

2020.03.06 
【花ちゃん・消費者の目】新型コロナ 冷静に対応一覧へ

 クルーズ客船ダイヤモンドプリンセスの船内で新型コロナウイルスの感染者が出たため、厚生労働省は同船に横浜港の大黒ふ頭に長期間停泊するよう指示、乗客に対する検疫が実施されました。症状を訴えた方を中心に新型コロナウイルス検査を実施していて、その結果は連日ニュースで報道されました。クルーズ船以外の場所でも陽性と判定された人の数が増え、それにつれて人々の不安はどんどん膨らんでいるように感じます。「新型」であることや「未知」という言葉の印象から、人々の心の中には不安が生まれ、疑心暗鬼から過剰な反応が起きているような気がしないでもありません。

◇   ◇

 テレビやネットで流れる、全身を覆う防護服を身に着けた検疫官や医療関係者の映像は、人々の不安をさらに煽ってしまう結果になっています。検査が受けられないことにも人々の不満の原因になっています。
 確かに現時点では特効薬がないのだから、陽性だとわかったとしても仕方がないのかもしれませんが、科学的に正しいことが必ずしも人々に受け入れられるとは限らないこともコミュニケーションを難しくしています。また、誰でも情報発信できる世の中にあっては、ガセやデマに踊らされないよう、気をつけなければならないと思います。

◇   ◇

 一方で、人々の心に不安が広がるにつれて、他人に対する不寛容や差別が表面化してきています。電車の中で咳エチケットを守らない乗客とそれを咎めた乗客との間でトラブルになったとも聞きました。トラブルにならないまでも、マスクをせずに咳をすると車内の乗客の冷たい視線を浴びてしまいます。咳エチケットの普及は歓迎ですが、過剰な不寛容や差別がこれ以上拡大しないことを心から願っています。(花ちゃん)

 
本コラムの一覧は下記リンクからご覧いただけます。
【花ちゃん・消費者の目】

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ