左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

長野県の小中学校に木育教材提供  農林中央金庫2013年2月19日

一覧へ

 農林中央金庫は長野県で県産木材の利用促進と森林の大切さなどをPRしようと、県内の小中学校向けに県産杉で作ったプランターカバーと木育紙芝居を製作。2月5日に寄贈式を行った。

寄贈したプランターカバー、木育紙芝居と山王小学校の児童、教員、農林中金、森林組合ら関係者 寄贈先は長野地区でみどりの少年団活動を行っている42の小中学校だ。長野市立山王小学校で行った寄贈式には、長野森林組合の大日方英雄代表理事組合長、長野県森連の田中高徳代表理事専務、農林中央金庫の矢島仁関東業務部長らが出席した。
 矢島氏は集まった児童たちに、日本は国土の3分の2が森林である世界3位の森林大国であるが、国内で使われている材木の7割が輸入品であることなどを紹介し、「このプランターカバーや紙芝居をきっかけに、日頃、当たり前すぎて気付かなかった森林について学習してほしい」とあいさつした。
 プランターカバーは長野森林組合が県産の間伐材を使って制作した。木育紙芝居は、森林整備や木材を利用することの大切さ、山と海との関係などについて学べる内容となっている。

(写真)
寄贈したプランターカバー、木育紙芝居と山王小学校の児童、教員、農林中金、森林組合ら関係者


(関連記事)

現場に出向き金融事業強化を 第8回JAバンク担い手金融リーダー全国大会 (2013.02.18)

桜島の植樹祭に協賛 農林中央金庫福岡支店 (2013.02.18)

「農業メインバンク」機能を一層強化  JAバンク (2013.02.18)

「農業メインバンク」として農業発展と地域貢献を誓う 第12回JAバンク全国大会 (2013.02.15)

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る