金融・共済 ニュース詳細

2018.03.05 
「農中森力(もりぢから)基金」第4回助成案件決定 農林中央金庫一覧へ

 農林中央基金は、「公益信託 農林中金森林再生基金」(通称「農中森力(もりぢから)基金」)の第4回助成案件を決定した。

森林のイメージ この基金は、森林施業の今日的課題の一つである「施業集約化」や「搬出間伐等」の取り組みを更に加速化させるため、荒廃林の再生事業の中でも特に地域の模範となり、高い波及効果が見込まれる事業や先進性のある事業に、重点的に助成を実施し、地域の中核を担う林業事業体(非営利の法人)の事業実施態勢の整備をサポートすることを目的としている。
 第4回目の今回は、40件の応募の中から審査し、8案件(合計1億9500円)に助成することを決めた。
 農林中金では、「今回の決定案件は、里山林の再生、急傾斜地等における架線集材技術の導入、製材、合板、バイオマス用材等多様な用途への木材安定供給など、それぞれの地域が抱えている特有の課題等を解決し、これまでの取り組みを一歩前に進めることにより、地域の中核を担う事業体としての事業実施態勢の整備を目指している」と決定の理由を述べている。
 助成される案件は以下の通り、なお(ha)は事業実施面積。
 
◇浄安森林組合(岩手県)(59ha)
 「鉱山跡地周辺の荒廃林再生事業~施業集約化・第2章に向けて~」
 
◇つくばね森林組合(茨城県)(41ha)
 「やさとの森再生プロジェクト 林業専用トラックを活用した低コスト施業モデル事業」
 
◇富山県西部森林組合(富山県)(45ha)
 「ボカスギ再生プロジェクト~美しく健全な森林を次世代へ~」
 
◇石川県森林組合連合なかのと会・中能登森林組合(石川県)(25ha)
 「荒廃した民有林の再生を軸とした能登地方型の山村振興モデル事業」
 
◇松本広域森林組合(長野県)(21ha)
 「森とともに生きる地域づくり~信州塩尻アカマツ活用モデル事業~」
 
◇松阪飯南森林組合(三重県)(45ha)
 「地域と共に歩む・マツサカの森再生プロジェクト」
 
◇東城町森林組合(広島県)(38ha)
 「ドローンの活用と再生基幹道による持続可能な森林管理」
 
◇愛媛県森林組合連合会(愛媛県)(11ha)
 「路網と放置竹林を結びつけるハイブリッド先進モデル事業」

 

(関連記事)
森林環境税を創設-平成30年度税制改正(17.12.27)
奇を見ず森を見よ(17.12.20)
協同組合間連携の道探る 地域づくりで意見交換(17.10.09)
バイオマス産業都市 新たに11市町村選定(17.10.05)
豪雨集中で山腹崩壊多発-九州北部豪雨 林野庁調査(17.07.24)
「森力基金」事業募集 農林中金 5月1日から(17.04.28)

一覧はこちら


このページの先頭へ

このページの先頭へ