金融・共済 ニュース詳細

2019.02.13 
経常利益46%減 2018年第3四半期 農林中金一覧へ

 農林中央金庫は2月5日、2018年第3四半期(10月~12月)の決算を発表した。経常利益は前年同期比で▲772億円の899億円となった。

 経常収益は前年同期比で1785億円増の1兆2794億円となった。このうち資金運用収益は同1180億円の9793億円となった。
 一方、経常費用は同2558億円増の1兆1895億円となった。このうち資金調達費用が同1751億円増の9331億円となった。
 この結果、経常利益は同▲772億円の899億円となった。同46%減となった。純利益は733億円で▲598億円となった。
 有価証券の評価損益(単体)は18年3月にくらべて▲3048億円の1兆2799億円となった。

 

(関連記事)
JA貯金104兆円に 農林中金(19.01.29)
奥 和登 氏(農林中央金庫 代表理事理事長)(19.01.01)
所得増へ資金面で応援【後藤彰三・農林中央金庫代表理事専務】(18.12.26)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ