FMCトップSP:育苗箱混合剤
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(PC)センター
JA全中中央SP

民間在庫329万t 集荷前倒し 米の契約・販売状況2021年11月30日

一覧へ

農林水産省が発表した10月末現在の2021(令和3)年産米の全国の集荷数量は200.6万tなっている。販売数量は26.5万tで対前年同月比で+1.9万t。

集荷数量200.6万tは前年同月比で▲2.1万t。契約数量は158.2万tで同▲12.0万tとなっている。

全国の民間在庫は、出荷・販売段階計で329万tと対前年同月比+5万tとなっている。9月は同+24万tだったが、10月はそれにくらべて19万t減少している。

これについて農水省は2021年産主食用米の生産量が作付転換によって昨年より22万t減少し、また、例年よりも生育が早く、集荷が前倒しされたことが要因としている。

集荷数量のうち事前契約数量は130.6万tで前年同月比▲13.8万tとなっている。

米穀販売業者の販売数量は前年同月比97.7%。小売業者向けは同96.3%、中食・外食業者向けは同99.5%となっている。

販売価格は小売業者向けが同93.3%、中食・外食業者向けは同95.0%となっている。

最新の記事

シンジェンタミネクトブラスター:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る