左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

韓国で口蹄疫が発生2018年3月28日

一覧へ

・農水省、防疫徹底を呼び掛け

 韓国農林畜産食品部は3月27日、同国京畿道の豚農場で口蹄疫の発生を確認したと発表した。韓国での口蹄疫発生は昨年2月以来となる。

 発生場所は同道金浦市の豚農場で917頭を飼育。26日に母豚や離乳豚で水疱と蹄の脱落が認められたため通報。それを受けて道内の動物衛生試験所が簡易検査を行い、陽性を確認。その後、農林畜産検疫本部による精密検査で「A型口蹄疫」と確定した。
 韓国政府は、口蹄疫発生を受けて、次の防疫措置を講じた。

 
○全国一時移動停止(27日12時から29日12時まで)
○殺処分(発生農場および周辺3㎞以内の農場の飼育豚)
○緊急ワクチン接種(京畿道と忠清南道)
○疫学調査
○全国の農場間の豚の移動禁止
○移動制限区域(発生農場の10㎞以内)の予察強化

 
 韓国での口蹄疫発生を受けて、農水省は27日、各都道府県に発生予防とまん延防止へ向けた対策に万全を期すよう通知した。特に畜産関係者に対しては、口蹄疫や高病原性鳥インフルエンザ、豚コレラなどの家畜伝染病が発生している韓国など周辺国への訪問を極力避けるように求めた。やむなくそうした国々の畜産関連施設に立ち入り、万が一、家畜に接触した場合は、病原体が人や物に付着している恐れがあることから、帰国時に動物検疫所に寄るように勧めている。
 また畜産農家に対しては、次の対策を求めた。

 
○自分の農場に入る際も靴や持込物の消毒徹底
○農場衛生管理区域への外部からの人や自動車の進入禁止
○畜産関係車など農場に立ち入る自動車(タイヤや運転席)の徹底消毒
○発生国に滞在していたためウイルスを伝播させる可能性がある人や発生国から輸入された物を農場に近づけない
○従業員も含めて口蹄疫が発生している国(この場合、韓国)への渡航の差し控え
○毎日の家畜観察による早期発見への努力

 

(関連記事)
JAなめがた甘藷部会など7氏・団体に天皇杯ー29年度農林水産祭(17.10.19)
(026)鯨から豚、そして鶏へ...(17.04.07)
採卵事業で 和牛と酪農の生産基盤を強化(17.04.04)
和牛受精卵 農家採卵で増産へ 繁殖農家の新たなビジネスモデルに(16.03.14)
8事例発表 全国優良畜産経営管理技術発表会(16.11.15)
地域農業の未来 盟友の力で 座談会 TPP合意に若手農業者はどう立ち向かうか(16.02.15)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る