Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
BASFヘッドSP:プリンスベイト
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

ウガンダ大統領夫人が全中訪問 日本の総合農協に強い関心2015年9月14日

一覧へ

 アフリカのウガンダ共和国大統領と一緒に来日したジャネット・カターハ・ムセベニ夫人が9月11日、JA全中を表敬訪問し、奥野長衛会長と会談した。同夫人は日本の農協への関心が強く、会談は20分の予定が50分に及んだ。

全中で奥野会長と握手するウガンダ大統領夫人 ジャネット夫人は日本政府の招待で、ムセベニ大統領と共に9日から来日。ウガンダは貧困対策で、農民の組織化が不可欠と考え、2009年に農協の強化を政策として決定している。しかし農業は大部分が天水頼みで、水利施設の整備が進まず、機械化も遅れている。
 全中との会談で夫人は、農業近代化のために農民を訓練するトレーナーを派遣して欲しいとの意向を述べた。日本にはIDACA(アジア農協振興機構)があり、途上国から研修生を受け入れているが、これまで6083人の研修生の中で、ウガンダからはわずか12名に過ぎない。
 これに対して奥野会長は、JAICA(国際協力機構)があり、要望があればそのスキームで協力したいとの考えを述べた。
 このほか、日本の農協の説明を受けて、その総合事業に関心を示した。また農協の共販制度、代金の支払いシステム、かつての米の食管制度などに興味を示し、「総合事業というすばらしい仕組みと日本の農協の経験を生かしたい」と述べた。

 写真=全中で奥野会長と握手するウガンダ大統領夫人(左)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る