JAの活動 ニュース詳細

2018.01.20 
大型トラクターの共同購入で動画を公開-JA全農一覧へ

 JA全農は担い手からの生産コスト低減要望に応え、生産現場の声を反映した60馬力クラスの低価格モデルトラクターの共同購入に取り組んでいるが、この取り組みを分かりやすく生産者に伝えるパンフレットと動画(DVD)を作成し、1月18日から全農のホームページで公開している。

nous1801200201.jpg 農業機械の普及は労働時間を大幅に少なくすることに貢献してきたが、コメ生産では依然としてコストの2割を占め、担い手からは安い農機を求める声が上がっている
 JA全農ではこうした生産現場の声に応え、モニターとアンケートによって検証したうえで、機能を絞り込んだ大型トラクターについてメーカーに開発要求をした。
 一方、これをふまえて現在は広く全国の生産者に事前申し込みの積み上げを呼びかけている。共同購入の目標台数は全国1000台。県域担い手サポートセンター、県域TAC部署の協力を得ながら提案活動を行い、今年3月末までに共同購入事前申し込み書のとりまとめを進めている。
 動画とパンフレットは生産者にこの「共同購入の取り組み」を分かりやすく伝えるために作成した。動画ではJA全青協の飯野芳彦会長も登場。共同購入で安く調達するのは「農協の原点」と話し、この取り組みは「協同の成果を分かちあうことになる」と呼びかけている。また、開発から納品までの流れと申し込み手続きなども解説している。
 JA全農は事前申し込みで積み上げた台数を背景にJA全農が「大量・一括購入することで担い手へより安く供給することをめざす」としている。
 パンフレットや動画は全農 低コスト商品・生産資材価格引き下げの取り組み 農業機械で見ることができる。

 

(関連記事)
【神出元一・JA全農代表理事理事長】生産者が実感できる「改革」実行(前半)(17.10.30)
組合員の労働災害へ対応 JA共済連が新たな保障制度(17.10.03)
JA全農が農機メーカーに開発要求(17.10.02)
米の買取販売30万t超-JA全農(17.08.04)
組織の壁を超え資材費低減に取り組む 農業者3団体と全農の生産資材事業研究会(17.06.12)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ