想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

小中学生から「ごはん・お米」がテーマの川柳募集 JAグループ千葉2020年7月9日

一覧へ

JAグループ千葉は、JAグループがすすめる「みんなのよい食プロジェクト」の一環として、「ごはん・お米に関する川柳コンクール」の作品を8月17日まで募集中。毎年恒例の作文・図画コンクール「ごはん・お米とわたし」は、新型コロナウイルスの影響により中止し、今年度に限り同コンクールを実施する 。

小中学生から「ごはん・お米」がテーマの川柳募集

同コンクールでは、日常生活の中にある「ごはん・お米」をテーマにした川柳を、千葉県内の小中学校と特別支援学校の児童・生徒から募集する。これからの食と農を担う次世代の子どもたちに同コンクールを通じて、米とごはん食、稲作など、日本の食卓と国土を豊かに作りあげてきた稲作農業全般についての学びを深めてもらうことが目的。優れた作品を顕彰することで、稲作農業の多面的機能と米・ごはん食の重要性をアピールする。作品は、他のコンテストに応募していないものに限る。

<募集概要>
応募資格:千葉県内の小学校および中学校に在籍する児童・生徒、千葉県内特別支援学校の小学部、中学部に在籍する児童・生徒
課題:日常生活の中で「ごはん・お米」をテーマにした川柳(5・7・5)
応募期間:7月1日~8月17日17時必着
応募方法:応募フォームに(1)作品(2)氏名・性別(3)住所(4)電話番号(5)学校名・学年・組を記入し以下「応募フォーム」から応募する。
賞・賞品:最優秀賞(1点)千葉の新米「コシヒカリ」60kg、優秀賞(10点)千葉の新米「コシヒカリ」30kg、参加賞(参加者全員)「チパンダくん」グッズ

【応募フォーム】

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る