2022夏季特集:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCトップSP:育苗箱混合剤
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

宮城県産ひとめぼれデビュー30周年記念イベント開催 JAグループ宮城2022年2月22日

一覧へ

JAグループ宮城は2月21日~28日の8日間、宮城県産ひとめぼれデビュー30周年を記念するイベント『「宮城のひとめぼれ」から感謝をコメて ~ありがとう30年!!~』を、JR仙台駅で開催している。

初日の会場の様子初日の会場の様子

イベント初日の21日には、主催する全農宮城県本部の大友良彦県本部長が「宮城のひとめぼれは皆様に支えられてデビュー30年の節目を迎えることができました。毎年おいしいお米を作ってくれる生産者をはじめ、宮城米を日頃より食べていただいている皆様にも感謝申し上げます」と挨拶。また、宮城米キャンペーンキャラクター「みやぎライシーレディ」や、仙台・宮城観光PRキャラクター「むすび丸」も応援に駆けつけ、会場を盛り上げた。

さらに、宮城県の村井嘉浩知事と全農宮城県本部 運営委員会の高橋正会長からのビデオメッセージが仙台市内で放映された。村井知事は「宮城県は本年2月に、県制150周年という大きな節目を迎えた。食材王国みやぎが誇る農畜産物が、150年の歴史の支えとなったことに間違いありません。今後も、宮城の豊かな食を次の世代にしっかり引き継いでまいります」と伝えた。また、高橋会長は「JAグループ宮城では、家庭用としてはもちろん、様々な用途で使用され、愛されている万能品種の『ひとめぼれ』をこれからも全国の皆さんへ提供し続けたい。これからも、『みやぎのひとめぼれ』をはじめ、宮城米をご愛顧いただけますよう、どうぞ宜しくお願いいたします」と話した。

主催者挨拶した大友県本部長(右から2人目)と応援に駆けつけた「みやぎライシーレディ」と「むすび丸」

◎『「宮城のひとめぼれ」から感謝をコメて ~ありがとう30年!!~』概要

開催期間:2月21日~2月28日
開催場所:JR仙台駅 2階中央改札前コンコースおよび3階牛たん通り

<開催内容>
(1)宮城のうまいものフェア
宮城県産ひとめぼれに加え、宮城県産のおいしい食を揃えた物産展を開催

(2)米俵タワー
デビュー"30"周年にちなみ、フォトスポットとして楽しめる30俵の米俵タワーを設置

(3)展示コーナー
宮城県産ひとめぼれの啓発を目的としたパネルを展示

(4)大抽選会
牛たん通りの店舗とコラボし、税込1000円以上のレシートで豪華賞品がもらえる抽選会を実施

最新の記事

シンジェンタポータルフェーズ:右上長方形SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る