Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

米通商代表が来日 TPP、年内妥結で協力2013年8月19日

一覧へ

 米国通商代表部のフロマン代表が来日し8月18日夕、茂木敏充経済産業大臣と会談した。

茂木経産大臣との会談したフロマン米国通商代表 会談後、茂木大臣は記者団に対して、TPP(環太平洋連携協定)やアジアの経済連携、WTO(世界貿易機関)など通商問題について意見交換し「自由貿易の推進をはじめ、価値観を共有する日本と米国で関係をさらに強化していこうということで合意した」と話した。
フロマンUSTR(米通商代表部代表)との会談後に記者会見する茂木経産大臣 また、TPPについては日本も関係閣僚会合で年内妥結に向け「建設的、積極的に取り組んでいくと合意したことを話し、お互い協力していこうというコミットメントを確認した」と述べたほか、TPPと平行して行われる2国間協議も「協議を加速化させていきたいと話した」とし、フロマン代表からは歓迎の意向が示されたという。

(写真)
(上から)茂木経産大臣との会談したフロマン米国通商代表、フロマンUSTR(米通商代表部代表)との会談後に記者会見する茂木経産大臣


(関連記事)

【TPP】JAが政治力結集の取り組み強化 (13.08.09)

JA全中臨時総会 TPPで特別決議を採択 (13.08.08)

TPP、止める力はJAに 孫崎氏が強調 (13.08.07)

【TPP】秘密主義に不満噴出-自民党会合 (2013.08.02)

ISDは憲法違反 弁護士が反TPPでネットワーク (2013.07.29)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る