農政 ニュース詳細

2013.10.23 
「和食」無形文化遺産に登録へ一覧へ

 農水省は日本が提案した「和食」がユネスコ無形文化遺産(※)に登録される見込みとなったことを10月22日発表した。

 日本は「和食:日本人の伝統的な食文化」として24年3月にユネスコに無形文化遺産として登録するよう提案書を提出していた。
 ユネスコには「和食」が「自然の尊重」という日本人の精神を体現した食の社会的習慣だと提案した。
 特徴として、▽新鮮で多様な食材とその持ち味の尊重▽栄養バランスに優れた健康的な食生活▽自然の美しさや季節の移ろいを表現▽田植えや正月、収穫祭など年中行事と密接な関わりを持ち家族や地域との結びつきを強める、などを挙げた。
 今回はユネスコ無形文化遺産保護条約政府間委員会(24カ国)から選出された6カ国で構成される補助機関が「代表一覧表」への記載(登録)を勧告したもの。最終決定は、12月にアゼルバイジャン共和国で開催される第8回政府間委員会で代表一覧表への記載が決まった時点。

【無形文化遺産】
 芸能、社会的慣習、儀礼・祭礼行事や伝統工芸技術などでコミュニティが自分たちの文化遺産の一部として認めるもののこと。2003年のユネスコ総会で「無形文化遺産保護条約が採択され、09年から「代表一覧表」(人類の無形文化遺産の代表的な一覧表)への記載が始まり、これまでに257件が記載されている。
 日本の無形文化遺産として記載されているのは、能楽、人形瑠璃文楽、歌舞伎、雅楽、小千谷縮・越後上布、秋保の田植え踊り(宮城)、壬生の花田植え(広島)など21件。食についてはフランスの美食術、メキシコ料理、地中海料理などがある。


(関連記事)

全国9都市で和食を考えるシンポジウム(2013.07.25)

牛乳×和食の減塩レシピ本 主婦の友社が発売(2013.06.21)

都心で働く人の健康を考えた「よい食弁当」(2013.04.01)

無形文化遺産に「和食」の提案を決定(2012.02.20)

「和食」を世界無形遺産に 農水省の検討委員会が最終報告 (2011.11.18)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ