左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドPS:バスタ液剤
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

集落の実態描く作品など 農政ジャーナリスト賞2014年5月19日

一覧へ

 農政ジャーナリストの会(合瀬宏毅会長)は5月16日、第29回農業ジャーナリスト賞の受賞作品を決めた。

 この賞は、平成25年1?12月の間に発表された農林水産業や食料、農山漁村などの地域問題についての優れた報道を讃えるもの。
 今回は、新聞・出版8点、映像13点の計21点の応募があり、新聞・出版2点、映像4点の計6点の受賞が決まった。
 福島民報社の「ベクレルの嘆き 放射線との戦い」は、福島の原発禍のなかで生産物の放射性物質低減を図ったり、消費者への理解を求めるといった苦闘する農林漁業者の姿を描いたもの。「県民紙ならではの企画」と評価された。
 映像では、テレビ金沢の「賑やかな過疎?限界集落と移住者たちの7年間?」、NHK富山の「俺は犠牲者なのか?富山 兼業コメ農家の今?」など、農村集落の現状などにスポットを当てた作品が選ばれた。
 表彰式は、6月9日午後4時から東京・内幸町の日本プレスセンタービルで開催される同会総会内で行われる。

 全受賞作品は次の通り。
▽「ベクレルの嘆き 放射線との戦い(第3部道への挑戦」福島民報社
▽「鳥獣害と闘う」日本農業新聞
▽「賑やかな過疎?限界集落と移住者たちの7年間?」テレビ金沢
▽「世界を動かしたイタリアンシェフの夢―阿蘇『世界遺産』への歩み―」熊本朝日放送
▽「俺は犠牲者なのか?富山 兼業コメ農家の今?」NHK富山放送局
▽「ガチアジア『和牛vs.WAGYU』?アジア 牛肉市場をめぐる攻防?」NHK宮崎放送局・福岡放送局


(関連記事)

震災報道2作品など 農政ジャーナリスト賞決定(2013.05.13)

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る