左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「国会決議の遵守を」林農相に要請 萬歳JA全中会長2015年4月24日

一覧へ

 4月28日に予定されている日米首脳会談を前にJA全中の萬歳章会長らは24日、林芳正農相を訪問し、「最終局面にある」(甘利TPP担当相、21日の日米協議後)とされるTPP(環太平洋連携協定)交渉について国会決議を遵守するよう要請した。

nous1504240702.jpg 萬歳会長は「米の輸入特別枠の話や豚肉、牛肉でもほぼ決まったような内容で報道されている」と指摘し「本当に大心配している。国会決議は自ら国民と約束された内容であり、その内容を厳守願いたい」と要請した。
 これに対して林農相は午前の衆院内閣委員会と農林水産委員会の合同委員会で「甘利大臣からも農産物でもそれ以外でも難しい問題は残っている。国会決議を守ったと評価していただけるように全力を尽くすとの話があった。今までと変わらずやっていきたいと思っている。総理自身も日米首脳会談があるからといって不必要な妥協をすることはないと言っている」と述べた。
 また、米国ではTPA(貿易促進権限)法案が16日に米議会に提出され22日に通商政策を担当する上院財政委員会、23日には下院歳入委員会で可決した。今後は両院本会議での審議となる。
 林農相は「まだまだ本会議があり、いつ成立するか、中身についても精査しなければならないし注視していきたい」と話した。
 要請にはほかに、飛田稔章JA全中副会長、中家徹同副会長、中野吉實JA全農会長、中村純誠JA共済連代表理事専務、河野良雄農林中央金庫代表理事理事長、大西茂志JA全中常務理事が同席した。

 

(関連記事)

・ 【TPP】日米協議、事務レベル折衝を継続 (2015.04.21)

日米TPP閣僚会議開始 (15.04.20)

【TPP】粘り強く分析と運動 市民レベルで勉強会 (2015.04.17)

【TPP】JAグループが国会決議実現へ特別決議 (2015.03.20)

【TPP】3月5日から日米協議 (2015.03.04)

最新の記事

ナガセサンバイオSP

注目のテーマ

注目のテーマ

クミアイ化学右カラムSP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る