農政 特集詳細

特集:日本農業の未来を創るために これで良いのかこの国のかたち

2013.10.29 
健康とは平和である (佐藤喜作・一般社団法人農協協会会長)一覧へ

TPP特集の掲載にあたって

刈り乙女たちがていねいに稲穂を1本1本抜き取る宮中献穀斎田抜穂式(写真提供=石川県羽咋市役所) 長い長い歴史のわれらの、かけがえのない墳墓の地、豊葦原瑞穂の国がその興廃を左右しかねない難関に逢着し、その行く末も描けず、ただ過去の米国追従のバブル社会の再生が国益を守ると狂奔している。
 日本に於ける過去の国難は元寇の役が挙げられるが、今日のTPPや原発、憲法改悪など国民益を破壊する最悪の難関である。いやそんな日本国民だけの問題ではなく人類を始め生物共通の大間題でもあると考えられる。
 なぜかかる状況になったのであろうか。先ず挙げられるのは、農、農業が闘いの農、農業になったことではないか。人間の求める基本は健康、長寿、永遠である。健康とは平和である。なのに戦争農業で育まれた食べ物で健康になれる訳がない。
 また政治思想の双壁である資本主義、共産主義も闘いの優勝劣敗がつきもので、闘いを進め搾取と格差を広げてきた。
 以後は小さな家庭から、世界諸国、民族、宗派を問わず、平和を追求する協同組合思想が残された唯一の路ではないのか。そんな思いの中で今後のあり方の灯火に、勝れた学識者の各位から素晴らしい提言記事を頂き、総ての人が傍観者から運動者となり、間違いの無いバトンを子ども達に贈ることが出来ることを切望するものである。

(写真)
刈り乙女たちがていねいに稲穂を1本1本抜き取る宮中献穀斎田抜穂式(写真提供=石川県羽咋市役所)

 

【2013年秋のTPP特集一覧】

健康とは平和である (佐藤喜作・一般社団法人農協協会会長)

【日本農業とTPP】決議実現が協定変える 食料増産こそ地球貢献 (冨士重夫・JA全中専務理事に聞く)

【グローバリズムと食料安保】今こそ「99%の革命」を! 最後の砦「聖域」を守れ (鈴木宣弘・東京大学大学院教授)

【米韓FTAと韓国社会】猛威振るうISD条項 日本の将来の姿を暗示 (立教大学教授・郭洋春)

【アベノミクスとTPP】国民が豊かになるのか TPPと経済成長戦略 (東京大学名誉教授・醍醐聰)

【食の安全確保】真っ当な食をこの手に 自覚的消費が未来拓く (元秋田大学教授・小林綏枝)

【日本国憲法とISDS】人権よりも企業を尊重 締結すれば憲法破壊に (インタビュ― 弁護士・岩月浩二)

【「国際化」と地域医療】地域を「病棟」と見立て 世界健康半島をめざす (インタビュ― JA愛知厚生連知多厚生病院院長・宮本忠壽)

【TPPと日米関係】アジアとの歴史ふまえ、"新たな針路"見定めを (農林中金総合研究所基礎研究部長・清水徹朗)

【国際化とグローバル化】国のかたちに違い認め、交流で地球より豊かに (大妻女子大学教授・田代洋一)

【破壊される日本の伝統と文化】文化の原義は大地耕すこと (農民作家・星寛治)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ