Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

神戸、福井で農薬シンポジウム 安全協2013年5月20日

一覧へ

 全国農薬安全指導者協議会(安全協)は、6月18日に神戸、20日に福井で農薬シンポジウムを開催する。

 農薬シンポジウムは、農薬への不安や、農薬は危険であるといったイメージを払しょくしようと、主婦など一般消費者を対象に、農薬の役割や安全性などをわかりやすく解説するイベントだ。毎年、全国各地で行っており、今年で8回目の開催。参加者からは、「農薬に対する正しい知識を持てた」「農薬が食の安全を守っていることがわかった」など好評を得ている。
 今年の開催は神戸、福井、高知の3カ所。
 「食の安全」シンポジウムin兵庫は、6月18日兵庫県中央労働センター2階大ホール(神戸市中央区)で。問い合わせは「食の安全」シンポジウム事務局(TEL:078-936-8988
)まで。
 「農薬ってどんなもの?」in福井は、6月20日福井県生活学習館ユー・アイふくい(福井市)で。問い合わせは福井県事務局の山協(株)山田五兵衛商店(TEL:0776-24-0004)まで。
 高知での開催は9月12日を予定している。
 ともに13時30分からで、定員は先着200人。参加費無料。東京農大客員教授の元山直樹が「農薬とは何か?」をテーマに講演するほか、県内の生産者、行政、消費者団体などの代表がパネルディスカッションなどを行う。参加者にはもれなく、地元の特産品などをプレゼントする。


(関連記事)

全登録農薬4378件を収録 『農薬安全適正使用ガイドブック2013』刊行  全農薬(2013.01.15)

農薬安全コンサルタントの資質向上をめざす 安全協が全国集会(2012.11.26)

なぜ、農薬への不安を感じるのか? 求められる現場からの情報発信  農薬シンポジウム in 千葉(2012.08.08)

変わってきたホームセンターの農薬販売 安全協が意見交換会(2012.07.23)

住友化学からマラソン剤の販売委託 全農薬 (2012.06.05)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る