農薬 ニュース詳細

2014.05.20 
【決算】国内外で農薬販売伸長 日本曹達一覧へ

 日本曹達(株)は5月13日、平成26年3月期決算を発表した。円安などを要因に増収増益となった。

 売上高は前期比130億6700万円(10.2%)増の1406億4900万円、営業利益は同23億400万円(56.3%)増の63億9900万円、経常利益は同14億2200万円(17.1%)増の97億4000万円、当期純利益は同5億2900万円(10%)増の58億3300万円だった。
 セグメント別では、売上高全体の3割以上を占めトップの農業化学品事業は、国内外とも増収となった。国内では、主力製品の殺虫剤「モスピラン」のほか、新規殺菌剤「ファンタジスタ」が伸びたこと、また、消費税増税前の駆け込み需要があったことなどが要因。海外では、モスピランに加え、殺菌剤「パンチョ」、同「トップジンM」、除草剤「ナブ」が伸びた。売上高は同52億8000万円(13.9%)増の433億2100万円、営業利益は同12億1100万円(64.8%%)増の30億8200万円だった。
 次期の業績は売上高1460億円、営業利益69億円で増収増益、農業化学品事業についても売上高17億円増の450億円、営業利益3億円増の34億円と増収増益を見込んでいる。

 
(関連記事)

【人事速報】日本曹達(4月1日付)(2014.03.10)

ネオニコチノイド系農薬の安全性で見解(2014.01.08)

中東欧で農薬事業強化 日本曹達(2013.12.25)

「トップジンM」生産再開 日本曹達(2013.12.16)

農業化学品好調で業績予想修正 日本曹達(2013.11.07)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ