左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

飛躍につながる着実な推進を 農薬工業会2015年1月7日

一覧へ

 農薬工業会は、1月6日、東京大手町の経団連ビルで平成27年賀詞交歓会を開催した。

 会場には、会員各社をはじめ、朝倉健司農水省消費安全局農産安全管理課長や関係者約360名が参集し、新年を祝うとともに今年の飛躍を願い交歓した。
 神山洋一会長は、工業会が、安定的かつ持続的な食料供給を支えるための生産資材である農薬の役割はますます大きくなると考えて前年度に策定した「JCPA VISION2025」の実現を目指していくが、これに加えて「本年は、将来ビジョンの展開として“食料生産”という視点からの活動を強化していきたい」と述べるとともに「来年の飛躍につながるように着実な推進を目指したい」とあいさつした。


(関連記事)

農薬出荷、数量減り金額は増 26農薬年度実績 (14.12.25)

【シリーズ・現場で役立つ農薬の基礎知識 2014】

農薬中毒事故、28件34人 誤飲で死亡は4人(2014.12.04)

全農薬が創立50周年 農薬卸の機能強化を(2014.11.21)

農薬開発・防除の犠牲になった虫を供養(2014.11.14)

最新の記事

ナガセサンバイオSP

注目のテーマ

注目のテーマ

クミアイ化学右カラムSP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る