左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

売上高 は611億2400万円 クミアイ化学工業 10月期決算2015年12月21日

一覧へ

 クミアイ化学工業㈱は12月17日、平成27年10月期(平成26年11月1日~平成27年10月31日)の連結業績を発表した。

 それによると、連結会計年度の売上高は611億2400万円、前年度比57億6400万円(10.4%)増となった。損益面では売上高が増加したことにより、営業利益は37億2300万円(同10億9400万円増41.6%増)となった。
 経常利益は、当連結会計年度よりイハラケミカル工業㈱を持分法適用関連会社としたことに伴い、持分法による投資利益が増加したことで、80億6400万円(同37億7400万円増88.0%増)となった。
 当期純利益は、経常利益が増加したことで、65億6300万円(同35億1200万円増115.1%増)となった。
 日本の農業は、政府の成長戦略の柱として「攻めの農業」が掲げられ、農業の構造改革、新規需要の取込みを通じた農業の成長産業化政策と、農村機能の向上を図る地域政策を両輪とした施策が進められている。またTPP交渉の大筋合意や、農協法の改正など、日本農業に対する議論が高まりを見せている。
 こうした情勢下で、同社グループは、永続的な成長と企業価値の向上を図ることを基本方針として、自社開発品を中心とした販売戦略を実践してきた。

(関連記事)
売上高800億円へ クミアイ化学新中計 (15.12.21)

10月期業績を上方修正 当期純利益は65億円 クミアイ化学 (15.12.04)

増収増益決算売上高は497億5600万円 クミアイ化学 (15.09.04)

【決算】平成27年10月期第2四半期は増収増益 クミアイ化学 (15.06.05)

【時の人 話題の組織】小池 好智(クミアイ化学工業株式会社・代表取締役社長) 農業を通じて社会に貢献 (15.05.15)

最新の記事

ヤンマーSP

注目のテーマ

注目のテーマ

DiSC:SP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る