左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

新規殺菌剤「パレード」の農薬登録取得 日本農薬2018年4月6日

一覧へ

 日本農薬(株)は平成27年11月に農薬登録申請をしていた新規殺菌剤「パレード(R)20フロアブル」、「パレード(R)15フロアブル」が平成30年3月30日付で農薬登録を取得したと発表した。

 今回農薬登録を取得した「パレード(R)20フロアブル」(野菜用)と「パレード(R)15フロアブル」(果樹用)は、日本農薬が独自に発明した新規有効成分ピラジフルミドを含有する新規殺菌剤で、病原菌のエネルギー産生過程に作用するコハク酸脱水素酵素阻害剤(SDHI)と呼ばれる殺菌剤グループに属している。ピラジフルミドはSDHIの中で唯一ピラジンカルボキサミド骨格を有するユニークな化合物で、既存のSDHIと比較して優れた特性をもっているという。
 両剤とも平成20年度から(一社)日本植物防疫協会を通じて「新農薬実用化試験にて評価され、優れた防除効果が確認」されている。また、人畜毒性や水生生物等への影響が少ないだけでなく、多くの天敵・有用昆虫に対する影響や作物に対する薬害リスクが極めて低いことも確認されている。
 日本農薬では「これらの優れた特性から、安全な農作物の安定生産に貢献できるものと確信し現場ニーズに合わせた普及販売を進めてまいります」とコメントしている。
 販売開始時期は「パレード20フロアブル」は今年年5月22日、「パレード15フロアブル」は4月19日を予定している。
 なお、「パレード」という商標は丹精込めて作られた果物や野菜が並んで行進する様子をイメージして命名したのだという。

 

(関連記事)
新規殺センチュウ剤「ネマクリーン粒剤」を販売 日本農薬(18.01.30)
コロンビアAdnicol社を子会社化 日本農薬(17.12.28)
子会社ハイデラバード社の商号変更 日本農薬(17.12.22)
【人事異動】日本農薬(12月19日付)(17.12.11)
機構改革を発表(12月19日付) 日本農薬(17.12.06)
海外事業が売上げの過半超 増収減益-日本農薬(17.11.14)

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る