秋特集:国生国産PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:デラン
FMCセンターPC:ベネビア®OD
FMCセンターSP:ベネビア®OD

売上高は45.5%増 2023年3月期第1四半期決算 日本農薬2022年8月10日

一覧へ

日本農薬は8月9日、2023年3月期第1四半期決算短信を発表した。

売上高は、中核事業の農薬事業が海外で好調に推移したことから240億1500万円で前年同期比75億900万円増、同45.5%増となった。利益面では、営業利益は27億8100万円で同11億3000万円増、同68.5%増。経常利益は30億8500万円で同13億1800万円増、同74.6%増。親会社株主に帰属する四半期純利益は、25億900万円で、同8億7200万円増、同53.3%増となった。

◎農薬事業
国内農薬販売では、園芸用殺虫剤ピリフルキナゾン(商品名「コルト」)を始めとする主力自社開発品目の普及拡販に努めた。また、同社は、国内農薬市場におけるシェア拡大を図るため、2021年5月に、コルテバ・アグリサイエンス日本株式会社およびダウ・アグロサイエンス日本株式会社(コルテバ社)との間で販売契約を締結。同年10月よりコルテバ社製品の販売を始めたこともあり、国内販売全体の売上高は前年同期を上回った。

海外農薬販売では、温暖な気候が続いた北米では例年よりダニの発生が多く、殺ダニ剤フェンピロキシメートの需要が高まり、NichinoAmerica,Inc.の売上高が伸長。また、欧州では競合剤より市場シェアを獲得した除草剤ピラフルフェンエチルの拡販により、NichinoEuropeCo.,Ltd.の売上高が伸びた。さらに、農薬需要が拡大傾向にあるブラジルでは、サトウキビ用除草剤の販売戦略が奏功したことなどから、SipcamNichinoBrasilS.A.の売上高が伸長。海外販売全体の売上高は前年同期を上回った。

これらの結果、農薬事業の売上高は224億3700万円で前年同期比75億4500万円増、同50.7%増。営業利益は25億5800万円で前年同期比12億9300万円増、同102.3%増となった。

◎農薬以外の化学品事業

化学品事業では、株式会社アグリマートの防疫用薬剤分野の販売が好調に推移した。一方、医薬品事業では、外用抗真菌剤ルリコナゾールの販売が足白癬剤向け、爪白癬剤向けとも伸び悩んだ。これらの結果、農薬以外の化学品事業の売上高は11億5100万円で前年同期比1億500万円減、同8.4%減。営業利益は3億6700万円で前年同期比1億5600万円減、同29.8%減となった。

最新の記事

シンジェンタポータルフェーズ:右上長方形SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る