左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

JA全農とファミマ提携 全国30か所で一体型店舗2014年5月29日

一覧へ

 JA全農はコンビニ大手のファミリーマートと業務提携し、Aコープとファミリーマートとの一体型店舗を展開する。28日記者会見で明らかにした。第1号店は、Aコープ西日本とファミリーマートがフランチャイズ契約を締結し、愛媛県伊予市で5月31日開店する。

業務提携で握手するJA全農とファミリーマートの役員ら 業務提携は、JA全農とファミリーマートが一体となって、双方の持つ経営資源や経営のノウハウを相互に有効活用し、組合員や地域住民の利便性向上に努め、社会・生活インフラとしての機能強化を目指す。
 特にJA全農が展開するAコープは農村人口の減少と大手スーパーなどの進出で、経営が悪化しているところも多く、新たな展開が求められている。JA全農の鈴木盛夫常務は「Aコープ店は小型店が多く経営が困難で、どう継続するかが課題になっている。一方で高齢化などの環境変化で、組合員と地域のくらしを守り、安全な農産物を供給するという役目を果たすことが難しくなっている。ファミリマートのノウハウを活用し、国産農産物を多くの消費者に届けたい」と期待する。
 Aコープは全国に760店舗を展開しており、そのうち、当面30店舗を一体型店舗とする計画だ。店舗は通常の3倍近100坪(約330平方m)の規模で、生産者直売コーナー、JA全農コーナーを設ける。また、店内には利用者の寄り合いや飲食のできるスペースも備え、利用者による交流の場としての利用も考えている。
 さらに移動購買車による巡回も取り入れて高齢者などの買い物弱者に対応し、注文を受けて配達も行う。
 ファミリーマートの中山勇社長は、「世界でも最高水準の日本の農産物を差別化商品として使い、特に商品開発における原材料として期待している」と、今後の商品開発に意欲を示した。またファミリーマートは日本の農産物を台湾やタイ、中国などで展開する店舗で販売する構想も示した。

(写真)
業務提携で握手するJA全農とファミリーマートの役員ら


(関連記事)

経団連とJAグループ 連携強化プラン発表(2014.05.14)

全農の株式会社化を否定 萬歳・JA全中会長(2014.05.09)

ネット販売を本格化 JA全農の26年米穀事業(2014.05.07)

元気な産地づくりを実現 JA全農(2014.04.17)

3大施策の深化図る JA全農が事業計画(2014.04.02)

最新の記事

ヤンマーSP

注目のテーマ

注目のテーマ

クミアイ化学右カラムSP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る