左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

一般財団法人コープみらい社会活動財団を設立2015年6月17日

一覧へ

 コープみらいは、6月16日に社会貢献活動のさらなる発展をめざして「一般財団法人コープみらい社会活動財団」を設立した。

 この財団は、食の安全・安心と食育活動、環境保全、高齢者福祉、児童・青少年福祉および被災地(者)支援に関する諸活動とこれらの活動への助成を行う。具体的には、「食卓を笑顔に、地域を豊かに」することに寄与することを目的として、
▽助成事業、社会貢献活動助成金事業、
▽社会活動の主要なテーマに関する事業、
▽環境・エネルギーに関する事業、県境保全に関わる事業、
▽被災地(者)支援に関する事業、
の4つの事業を中心に支援を実施することにしている。
 コープみらいではこれまで「社会貢献基金」として3億円を積み立て、「社会活動助成金」「緊急の義援金」「環境保全の取り組み」などに取り組んできた。とくに同生協の前身である3生協(ちばコープ、さいたまコープ、コープとうきょう)時代から実施してきている「社会活動助成金」は、財団設立によって、これまでの年度ごとの断続的な取組みから、経営に大きく左右されることのない継続的な取組みとしての基盤を強化していくことができるようになったといえる。
 なお同財団の理事長には、小林新治コープみらい副理事長が就任した。

 

(関連記事)

全国生協2期連続で増収増益 日本生協連総会 (15.06.15)

新副会長に本田、新井両氏が 日本生協連 (15.06.15)

新井ちとせ氏が新理事長に コープみらい通常総代会 (15.06.05)

日本生協連の新電力会社電力供給開始 (15.03.27)

きやっせ物産展に2万5000人来場 コープみらい (15.03.09)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

注目のテーマ

注目のテーマ

DiSC:SP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る