想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:ゴーゴーサン
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

日本GAP協会 2組織に再構築2014年10月29日

一覧へ

 日本GAP協会は、2015年1月から、NPO法人日本GAP協会を、財団法人日本GAP協会とNPO法人アジアGAP総合研究所の2組織に再構築する。

 日本GAP協会は設立から9年目を迎えるが、認証農場が2000を超えるなど「JGAPも基本的な態勢が整った」ので、「新たに『第2ステージ』に入る」ことにし、現在の協会を、2つの組織に「発展・改組し、日本及びアジアのエリアで輸出や海外現地生産までを見据えたGAP普及を推進していく」という。
 来年1月以降について、財団法人日本GAP協会は「日本の標準GAPを保有する公益法人」として活動。「特定非営利活動法人(NPO法人)アジアGAP総合研究所」は「東アジア最大・最強のGAP指導者集団」として「事業者(農場・生産団体・流通・食品製造)がGAPを使いこなし、経営の発展につなげていく環境づくり」に取り組んでいく。


(関連記事)

【JA 人と事業2014】伊藤茂・JA松本ハイランド代表理事組合長 生産者組織育て協同活動強化(2014.09.26)

担い手農家をサポート 井関農機(2014.09.25)

「十勝型GAP」 国内最大規模6千戸が参加(2014.08.06)

開拓と増産支えた協同の力 有塚利宣・JA帯広かわにし組合長(2014.08.06)

JA北魚沼が受賞 2014年GAP大賞(2014.07.16)

最新の記事

国際衛生SP:パナミエール

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る