想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「くみき」のスカイマティクス、サイニチホールディングスと販売代理店契約締結2021年1月21日

一覧へ

(株)スカイマティクスは、ドローン計測サービス「くみき」の国内販売に関する販売代理店契約を(株)サイニチホールディングスと締結。また、サイニチホールディングスが運営するドローンスクールを「くみき」ユーザー向けの操縦講習などを行う認定校とし、認定オペレーターを育成する「リモートセンシングプログラム」を開講する。

「くみき」は建設業界、砕石業界、産廃業界、農業業界などのDX(デジタルトランスフォーメーション)推進、働き方改革、人手不足の解消など業界課題を解決するサービス。今回の契約締結と認定校の開設を通じて、サイニチホールディングスのスクール運営のノウハウと豊富なドローン運用の経験を活かし、「くみき」の普及促進活動の強化と「くみき」ユーザーの代わりにドローン操縦を専門的に担う認定オペレーターの育成を進める。

サイニチホールディングスは、埼玉日産自動車を中核企業にもつグループ統括会社。さいたま市でドローンスクールを核とした各種ドローン事業を展開しており、国土交通省認定講習団体としてJUAVACドローンエキスパートアカデミー大宮校を運営。測量コース・非破壊検査コースなどの職業専門カリキュラムがあり、「くみき」カリキュラムを通じ、土木工事業、建築工事業、造園工事業などに役立つドローンサービスを普及する。

「くみき」カリキュラムは1月20日に開講。「くみき」ユーザー向けの操縦教育とユーザーに対して撮影業務を提供する認定オペレーター養成向けのカリキュラムの2つを用意している。認定オペレーター修了検定に合格することで当社が認定する「くみき」認定オペレーターの民間資格を取得でき、同認定を取得後、同社から撮影業務を請け負うことも可能。教習内容は、座学と実際のフィールドでの実技で構成され、修了検定では単独で「くみき」を運用できる技能を修得することをめざす。

【開講に向けたスケジュールなど詳細】

最新の記事

シンジェンタミラビスフロアブル:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る