2022夏季特集:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:ナリアWDG
FMCセンターPC:ベネビア®OD
JA全中中央SP

「カイコ」テクノロジーを活用 グリーンバイオ産業の創出プロジェクトに採択 Morus2022年8月5日

一覧へ

カイコのバイオ原料の供給と研究開発を行う研究開発型のベンチャー企業、Morus株式会社(東京都渋谷区)は、農林水産省が委託する「昆虫(カイコ)テクノロジーを活用したグリーンバイオ産業の創出プロジェクト」に、コンソーシアムメンバーとして参画することが決まった。

同社は、豊富な栄養成分があり、原料としての可能性に満ちたカイコを、品種改良と量産によって複数の産業へ原料として供給し「タンパク質危機」などの世界的課題を解決するために創業。これまで、日本でも有数のカイコ研究をしている信州大学とタッグを組み、カイコを原料とした製品開発と、カイコの高速品種改良と量産化の研究開発を通じた事業化をめざしてきた。委託プロジェクトへの参画は、今回が初となる。

同プロジェクトは、繊維を初めとする様々な素材・原料を生み出す国産カイコを用いて、桑や食品副産物など、人の食料と競合しない国内資源を余すことなく活用したグリーンバイオ産業を創出し、持続可能な物資の生産・供給体制の実現を目指すもの。同社は、同プロジェクトへの採択により、自社の研究開発を加速。また、コンソーシアムに含まれる企業・研究機関と連携して事業化を推進する。

最新の記事

シンジェンタ右上長方形:SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る