左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

新型の醸造精米機を発売 サタケ2018年11月2日

一覧へ

 (株)サタケは11月1日、精米時間と消費電力を削減した新型醸造精米機「EDB40A」を発売開始した。

 日本酒の国内出荷量は年々減少しているが、吟醸酒や純米酒などの特定名称酒の出荷量は堅調に推移している。消費者の志向は量から質へと変化してきており、高精白の原料米がより一層求められている。
 サタケが開発した新型醸造精米機EDB40Aは、高精白の精米を効率良く行える精米機で、硬度・耐久性の高い「cBN砥石」と、負荷範囲が広くレスポンスの良い「エア圧負荷制御装置」の採用により、従来機に比べ精米時間を約30%短縮するとともに、消費電力を約15%削減することができる。

 

(関連記事)
異物混入を防ぐ光選別機を展示 サタケ(18.10.08)
猛暑による籾への影響と乾燥・籾摺作業注意点 サタケ(17.08.28)
ラベル自動検査装置発売 寺岡精工(17.08.07)
サタケ八重山ヤシ記念館 来館者が2万人を突破(16.03.25)
JA勝英の黒大豆枝豆選別出荷設備が竣工 サタケ(16.03.03)
サタケが創業120周年 「持続可能な農業の実現」目指す(16.01.08)

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る