農機・資材 ニュース詳細

2018.11.02 
新型の醸造精米機を発売 サタケ一覧へ

 (株)サタケは11月1日、精米時間と消費電力を削減した新型醸造精米機「EDB40A」を発売開始した。

 日本酒の国内出荷量は年々減少しているが、吟醸酒や純米酒などの特定名称酒の出荷量は堅調に推移している。消費者の志向は量から質へと変化してきており、高精白の原料米がより一層求められている。
 サタケが開発した新型醸造精米機EDB40Aは、高精白の精米を効率良く行える精米機で、硬度・耐久性の高い「cBN砥石」と、負荷範囲が広くレスポンスの良い「エア圧負荷制御装置」の採用により、従来機に比べ精米時間を約30%短縮するとともに、消費電力を約15%削減することができる。

 

(関連記事)
異物混入を防ぐ光選別機を展示 サタケ(18.10.08)
猛暑による籾への影響と乾燥・籾摺作業注意点 サタケ(17.08.28)
ラベル自動検査装置発売 寺岡精工(17.08.07)
サタケ八重山ヤシ記念館 来館者が2万人を突破(16.03.25)
JA勝英の黒大豆枝豆選別出荷設備が竣工 サタケ(16.03.03)
サタケが創業120周年 「持続可能な農業の実現」目指す(16.01.08)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ