想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
Z-GIS:ヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

使いやすさと安心感を追求「乗用汎用レタス移植機」発売ヤンマー2020年11月11日

一覧へ

ヤンマーアグリは乗用汎用レタス移植機をモデルチェンジし12月1日に発売する。栽培面積が増加傾向にあるレタス栽培の人手不足の解消と移植作業の軽労化、規模拡大の実現に向けて、モデルチェンジによりより使いやすさと安心感を追求している。

使いやすさと安心感を追求「乗用汎用レタス移植機」発売ヤンマー植付作業イメージ

乗用汎用レタス移植機「PH40R,LT」乗用汎用レタス移植機「PH40R,LT」

新発売の乗用汎用レタス移植機「PH40R,LT」は、機械に乗った状態でロータリーポットに苗を入れるだけで簡単に植付けができる。植付作業時に必要なレバー・ペダル類が乗車席側に集中配置されており、イスに座ったまま操作できるため、苗の供給に集中できる。また、最大13枚の予備苗トレイを搭載でき、株間30センチ、200穴トレイの場合、苗トレイの補給無しに200メートルの作業が可能となった。

また、作業時にうねの終端に近づくと、手元の「うね終い注意ランプ」が光りブザー音とともに知らせる。終い注意ランプとブザーが作動しても作業を続けていると、うね終わりでエンジンが自動停止するため安心。緊急停止スイッチを乗車席側に追加したことで、万一のときもすぐにエンジンを停止できる。

さらに、「機体水平制御装置自動追従・手動調節切替式」により一定の植付深さできれいに植え付けられ、株間範囲の拡大により様々な品種に対応。

最新の記事

ケツト科学研究所:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る