おきなわ50年バナーPC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
石原バイオサイエンスヘッドSP:ネマトリンエース
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「DBJ環境格付」で最高ランクを16回連続で獲得 井関農機2022年5月10日

一覧へ

井関農機株式会社は、株式会社日本政策投資銀行の「DBJ環境格付」において、16回連続で最高ランクの格付「環境への配慮に対する取り組みが特に先進的」と評価され、同格付に基づく融資を受けた。

今回の格付けでは、SDGs勉強会を通じて自社事業とSDGsのつながりを考える機会を提供するほか、生産工程で発生したコスト削減効果の見える化を図り製造拠点の環境負荷低減を促すなど、従業員に対して意識啓発を行いながら全社一体的な環境マネジメントを確立している点が評価された。さらに、中長期的な数値目標を設定した上で「エコ商品」の比率拡大に取り組んでいることや、ICT技術を活用し環境効率の最適化を実現するスマート農機の提供、電動化製品の開発・投入など、自社ソリューションを通じた環境貢献を実施している点も挙げられた。また、2021年度より長期ビジョン「『食と農と大地』のソリューションカンパニー」を制定し、新たに改組したサステナビリティ委員会にて長期視点で社内外の環境変化をとらえながら、スマート農業の普及・拡大を通じた農業生産性向上への貢献やデータを活用した営農支援など、持続可能な農業の実現に向けた取り組みも評価の対象となった。

最新の記事

シンジェンタ右上長方形:SP

みどり戦略

おきなわ50年バナーSP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る