ヘッダー石原バイオ:ランマンフロアブルSP
JA全中中央①PC
FMCセンターSP:ベネビア®OD

"未来が見える"長澤まさみが八百屋の店員に CM最新作を14日から クボタ2022年5月13日

一覧へ

クボタは5月14日、企業テレビCMの最新作『クボタが描く未来 スマートアグリソリューション』篇(30秒)のオンエアを開始。CMでは、世界の食料問題を解決するため、農作物の「生産」だけでなく流通、消費にわたるフードバリューチェーンのトータルサポートをめざす、同社が描く未来を表現する。

「クボタが描く未来 スマートアグリソリューション」篇から「クボタが描く未来 スマートアグリソリューション」篇から

2021年3月にスタートしたテレビCMの「クボタが描く未来」シリーズは、同社が描く「未来」と、その実現に向けた取り組みを紹介。今回は、同社が長年培ってきた農業に関する知見と技術を生かし、生産から消費までのフードバリューチェーンをトータルでサポートする「スマートアグリソリューション」のビジョンを描いている。

CMの舞台は、とある八百屋。たくさんの野菜を買い物カゴに入れる来店者を演じる皆川猿時に、店員役の長澤まさみが「テレビ出られるよー!」と一言。するとテレビの取材で現れたリポーター役のパックンが、「フードロス問題、ご存知ですか?」と問いかける。皆川は「わが家は残しません!」と回答すると長澤が「からの解説」と、パックンの次の行動を予想。パックンが「重要なのはサステナブルな食料システム。生産から消費のトータルバランスを...」と予想通り解説を始めると、メガホンを片手に持った長澤さんは「大丈夫、それクボタがやる!」と叫ぶ。

長澤が言う「クボタがやる」とは、「スマートアグリソリューション」のこと。同社は、ロボット技術やICTを活用し、「農機自動化による超省力化」と「データ活用による精密化」を推進。自動運転機能を搭載した農業機械や、営農支援サービス「KSAS」(KUBOTA SMART AGRI SYSTEM)など、超省力・高品質生産に向けた製品・サービスを提供してきた。

さらに、農作物の生産性向上にとどまらず、購買から加工、販売、消費にわたる食料生産の一連の流れを包括した「フードバリューチェーン」に向けた取り組みが食料問題の解決に不可欠であると考え、その解決に向けて事業拡大を加速。また、フードバリューチェーンにおける全てのパートナーをつなぎ、食料生産システム全体に貢献する「スマートアグリソリューション」の実現に向けた取り組みを始めている。

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

みどり戦略

注目のテーマ

注目のテーマ

全農人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る